フランチャイズの募集をしよう|事業の経営指導や援助が受けられる

導入しやすくなっている

IT

固定式と同じような機能

タブレットレジは使い勝手が悪いと思われがちですが、アプリケーションの性能向上などによって固定式のレジスターと変わらない品質を維持できるようになっています。タブレットでレジを利用するためには、アプリケーションをインストールすることになります。ここでインストールするアプリケーションは、有料でもしっかりと保守やサポートがついているものを選択することをおすすめします。データは、機密情報も含まれます。そのため信頼性の高い製品を利用することがおすすめなのです。タブレットでも固定式と同じような機能を利用することができます。クレジット決済や商品管理や在庫管理、そして売上管理や利益管理などです。さらには、顧客情報の管理も利用できます。スタッフの勤怠管理や注文管理などもできます。ポイントの取り扱いなどもできるようになります。しかしこれらの機能はすべて最初から利用できるとは限りません。オプションとして月額の別料金が発生する場合もあります。そのため、必要な機能を厳選して選ばないとコストが割高になってしまう可能性があります。アプリケーションの使用料金も考慮して決める必要があります。拡張性の高い製品を選ぶことも大事なポイントです。アプリケーションにはバージョンアップ機能はついていますが、大幅な変更の際には、新たな契約が必要になる場合があります。新機能に対応しない場合や、対応が遅い場合もあります。そのため、タブレットレジを導入する際には、今後の拡張性を見込んでおくことも大事です。